基金のしくみ

厚生年金基金とは

日本の年金制度の体系

  • 日本の年金制度は、全国民に共通の国民年金(基礎年金)をベースに、サラリーマンの加入する厚生年金保険(公務員は共済年金)、そして企業が独自に設立する企業年金の3階建てで構成されています。

日本の年金制度の体系

厚生年金基金のしくみ

  • 厚生年金基金は、本来、国が支給する老齢厚生年金の一部を代行し(代行制度)、その上に企業や業界独自の年金給付を上乗せすることによって、国よりも手厚い年金により、加入員の老後をより豊かなものにする目的で設立・運営されています。
  • 大阪ゴム工業厚生年金基金の加入事業所で働く人(基金加入員)は、厚生年金保険に加えて基金にも加入し、就職から退職または70歳(加算部分は65歳まで)になるまで加入します。
  • 基金加入員であった人は、国の年金(老齢基礎年金、老齢厚生年金)に加えて、基金加入期間が1カ月以上あれば、基金の「退職年金」(基本年金)を受けられるので有利です。また、基金独自の加算部分は加入員期間が3年以上あれば給付が受けられます。加算部分は年金ではなく一時金を選択することもできるので便利です。

日本の年金制度の体系

このページの先頭へ