給付のしくみ

第1種退職年金(加算適用加入員期間15年以上の人の年金)

加算適用加入員期間が15年以上ある人は、基本年金と加算年金を合わせた第1種退職年金が受けられます。または、60歳以上で加算適用加入員期間が10年以上で加入員の資格を喪失したときにも受けることができます。

第1種退職年金 基本年金 加算年金
  (又は選択一時金)

 

第1種退職年金が受けられるとき

(1)退職していれば60歳から、(2)60歳後の退職ならそのときから(3)60歳以上で在職中の場合、国の在職老齢年金を受けられる人は、給与(賞与も含む)、年金額等により、基本年金部分の年金額は支給調整されます。

なお、加算年金部分については、在職中は65歳まで全額支給停止となります。ただし、在職中で基本年金を受けることができる場合は支給されます。

※国の老齢厚生年金(報酬比例部分)の支給開始年齢が61歳以降になる人については、基本年金もそのときから受けることになります。

 

加算年金には15年の保証

加算年金についても、基本年金と同様、終身年金ですが、加算年金には年金を受けはじめてから15年の支払い保証期間があり、万一その期間内に死亡された場合でも、残りの期間分の年金は遺族一時金として遺族の方が請求できます。

受けられる遺族の範囲についてはこちら

  • 加算年金部分を選択一時金で受け取られますと、第1種退職年金の額は、基本年金のみとなります。

 

第1種退職年金の額

第1種退職年金は、基本年金と加算年金の合計です。
基本年金は、国の老齢厚生年金の一部を基金が代行し、プラスアルファをつけた年金で、その計算方法も国に準じて行います。
加算年金は、当基金が独自に設計し、基本年金に上乗せする年金です。計算も、平均報酬標準給与月額、加入員期間、退職時年齢により独自の方法で行います。

 

第1種退職年金の計算方法

第1種退職年金

基本年金

平成15年3月以前の加入員期間

平均標準給与月額 × 生年月日に応じ
表2の乗率
× 基金加入月数

平成15年4月以後の加入員期間

平均標準給与額 × 生年月日に応じ
表2の乗率
× 基金加入月数

加算年金

平均報酬標準
給与月額
× 加入員期間に応じ
表3の乗率
× 退職時年齢に応じ
表4の乗率

 

平均標準給与月額
平成15年3月以前の基金加入期間中の給料(標準給与月額)の合計を基金加入月数で割った額
平均標準給与額
平成15年4月以後の基金加入期間中の給料(報酬標準給与月額)とボーナス(賞与標準給与額)の合計を基金加入月数で割った額
平均報酬標準給与月額
すべての基金加入期間中の給料(標準給与月額・報酬標準給与月額)の合計を基金加入月数で割った額

このページの先頭へ